読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットで見つけた話題の新商品

ネットで見つけた話題の新商品ネットで見つけた話題の新商品について紹介しています

なぜ脱毛サロンで失敗してしまうのか? 失敗例と対策 その6

スタッフが相談しずらかった

系列会社の問題よりも、個人のスキルによるところが大きな原因

 

対策

施術するスタッフの技術や知識レベルは、施術の出来やトラブルにつながります。

キャンペーンや体験時に予めチェックしましょう。

勧誘がしつこい場合、契約優先でお客目線ではないことが考えられるので、契約後のトラブルへの対応も問題があるかもしれません。

体験からすぐ契約とならないよう、事前の知識を活かしてきちんと対応しましょう。

また、よく話しかける接客なのか、事務的な接客なのか、好みがあると思います。

長期に通う場合にも気持ちよく通えるよう、スタッフの様子はよく観察してみましょう。

 

痛くて脱毛を続けられない

クリニックや医療機関の脱毛は、出力の高いレーザーを使用することができるので、その分痛みを感じる方も多いようです。


対策

出力の強さは脱毛効果に比例しますが、我慢できない程の痛みであれば出力を抑えたサロンやエステでのフラッシュ脱毛を試すことをオススメします。

 

脱毛エステのリスクをネットは教えてくれなかった

本人の脱毛に対する理解不足が原因となります。

例えば、完全な永久脱毛を望むのであれば、美容エステのキャンペーンで試して効果を見ながら、美容外科に行くことも検討すべきです。

脱毛エステ業界は、ネット広告に力を入れているため「口コミ」や「比較」と称した広告記事が氾濫しています。

ここで情報を得ようとすると、良い部分のみにフォーカスした礼讃記事が多く客観的な情報が手に入りません。


対策

信用できる情報源から、脱毛について正しく理解し自分に必要な脱毛施術を選択してください。

信用できる情報源とは友人など、脱毛業界と利害関係のない第三者になります。

また、各脱毛サロンは安価なコースをトライアルとして用意しているので、いくつか試して自分に合った脱毛サロンを選ぶのも非常に重要なステップとなります。